2019年 7月 18日 (木)

猛暑到来、ゆるキャラ「中の人」は大丈夫? 熱中症防止に、冷却シート貼ってステージに・・・

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   夏休みシーズンが始まり、全国各地のイベントで「ご当地ゆるキャラ」たちが会場を賑わしている。連日35度以上の猛暑日を記録する中、「中の人」は過酷な環境に耐え、子どもたちを喜ばさなければならない。

   「ふなっしー」は暑さとの戦いのため、15~30分おきに「梨の妖精界に戻る」そうだが、ほかの着ぐるみの「中の人」も熱中症にならないようさまざまな対策をしている。

  • ふなっしーは15~30分おきに「梨の妖精界」へ(写真は15年3月撮影)
    ふなっしーは15~30分おきに「梨の妖精界」へ(写真は15年3月撮影)

着ぐるみ貸出時に「水分補給」の注意書き

   各地ゆるキャラたちは「中の人」が熱中症にならないようさまざまな対策を講じている。たとえば、ゆるキャラグランプリ2014で1位に輝いた群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」は、着ぐるみの貸出時に水分補給と長時間の着用を避けるよう注意喚起を徹底。利用者には「着用前後に水分補給をする」「着用は20~30分までとし、長時間の着用は避けてください」などと注意書きをしたマニュアルを配布し、口頭でも伝えている。

   県の担当者によると、数分着用しただけでも気分が悪くなってしまう人もいるそうで、「これからの時期はイベントも増え、土日は12体すべて出払うこともある。十分に注意するよう呼びかけたい」と話す。

   奈良県王寺町の「雪丸」も水分補給と約20分での交代制を徹底。同町によると、着ぐるみのデザインは中の空気がこもらないよう換気がしやすいものにしているという。現在、「中の人」はボランティアの助けを借りて活動しているが、冷却シートを貼ってステージに臨む人もいるそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中