2022年 10月 2日 (日)

東京五輪、想定の倍以上「2兆円超すかも」 日本はそんなに余裕があったの?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   いったい、いくらかかるのだろう――。2020年に開かれる東京オリンピック・パラリンピックにかかる経費が、「最終的に2兆円を超すことになるかもしれない」そうだ。

   大会施設や交通インフラの整備などを含めた、大会にかかる経費の総額というが、新国立競技場でさえ当初の1350億円から2520億円に膨れあがっているのだから、もしかしたら「2兆円超」では済まない可能性もないとはいえない。

  • 東京五輪の経費は「2兆円超」?(写真左は、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長)
    東京五輪の経費は「2兆円超」?(写真左は、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長)
  • 東京五輪の経費は「2兆円超」?(写真左は、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長)

「ソチは5兆円かかっている。五輪は大変なお金がかかる」

   2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は2015年7月22日、東京都内の日本記者クラブで会見。大会施設の建設や交通インフラ整備など大会にかかる経費の総額について、「最終的に2兆円を超すことになるかもしれない」と述べた。

   新国立競技場の建設を含めた大会にかかる経費は当初、約8000億円を見積もっていた。その3倍近くに膨れあがると想定しているようだ。

   さらに森会長は、五輪史上最高の大会経費が投入された2014年のソチ冬季大会を引き合いに、「ソチは5兆円かかっている。五輪は大変なお金がかかると、あえて申し上げたい」と強調した。

   新国立競技場の建設問題は「白紙」になったものの、多くの国民の気持ちがいま一つスッキリしないなか、森会長のこうした発言にインターネットでは、

「まだ間に合う。イスタンブールでやってもらえ」
「なんだか景気のいいな(笑)なんなら自腹でやってくれ」
「新国立競技場の仇は他の施設で取り返す!www 3倍の2兆円だぜ」
「またハコモノを造るんだよね。バブル時代からまったく変わってなくって呆れるわ」
「金輪際、五輪なんか開催しなくてよし」

と、厳しい声が目立つ。

   ただ、なかには

「国内で金が回るイベントなんだから、盛り上げて景気よくやりゃいいんだよ」
「2兆=日本のGDPの0.4%。余裕だぜ」

といった、理解を示す声も。ちなみに、森会長が引き合いにしたソチ五輪の開催経費は500億米ドル。当時のロシアのGDP(国内総生産)は1兆8000億米ドルで、その比率は2.6%だった。

   じつは、森会長は2014年10月にも大会経費が当初の見込みを大きく上回る、と話していた。五輪開催が決定する前の計画にそって競技会場を整備した場合、円安の進展や東日本大震災からの復興で建築資材や人件費が高騰している影響から、「総額で1兆円とは言わないが、それに近いお金になる」と、五輪組織委員会の試算をほのめかした。

   それから、わずか9か月で2倍にハネ上がったわけだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中