東京都の自家用機飛行自粛要請に疑問の声も 飛ばないと、整備やメンテナンスなどに問題が

印刷

   8人が死傷した小型機墜落事故を受けて、東京都が自家用機の飛行自粛を要請したことが分かった。しかし、事故とは直接関係のないところにも負担を求めることについて、違和感があるとする声もネット上などで出ている。

「飛べなくなるのは、確かに困りますけれど、大きな事故が起きましたので、仕方がないと思っています」
  • 飛行自粛は妥当なのか(写真はイメージ)
    飛行自粛は妥当なのか(写真はイメージ)

「『自家用車の運転自粛』を求めるのに等しい」

   調布飛行場などで会員約300人が自家用機の飛行や同乗などを楽しんでいる「AOPA-JAPAN」では、事務局長が取材にこう話す。

   東京都営の調布飛行場では、個人や会社、クラブなどが自家用機24機を運航しているが、都では、墜落の原因が分かり、再発防止策が講じられるまで自家用機の飛行自粛を要請すると、2015年7月26日に報じられた。調布市の長友貴樹市長もこの日、自家用機の使用削減をことあるごとに強く要請してきたとして、今回は、再発防止策が明らかになるまで飛行自粛を強く要請するとのコメントを出した。

   とはいえ、自粛が長期に渡れば、自家用機のオーナーらに多額の維持・管理コストがかかる。「飛行機が飛ばないと、整備やメンテナンスなどの面から、安全性にも問題が出てきます」とAOPA-JAPANでも懸念を示す。

   調布飛行場は、戦前の軍事利用に始まり、周辺に住宅地ができたのは戦後になってからだが、「それを言っても仕方がありませんので、要請には協力したいと思っています」と言う。「細心の注意を払って飛んでいましたが、こんな事故が起きてしまって...」と困惑した様子だった。

   都などの飛行自粛要請が報じられると、ネット上でも、疑問の声が相次いだ。

「近くに飛行場があるのを承知で住み始めたのにそれはないだろう?」「『自家用車の運転自粛』を求めるのに等しい」「飛行機は自動車より相当安全な乗り物でしょうがw」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中