朴大統領の妹が対日謝罪要求に苦言 靖国参拝反対するのは「内政干渉」

印刷

   朴槿恵(パク・クネ)大統領の妹の朴槿令(パク・クンリョン)氏(61)が2015年7月30日、ソウルの金浦空港で「(韓国は)すでに何度も謝罪を受けた」「なぜ首相が変わるたびに謝れというのか」と述べ、韓国が日本に繰り返し謝罪を要求していることを批判した。聯合ニュースやハンギョレ新聞などが伝えた。靖国神社の参拝を韓国が批判していることについても「内政干渉」だと指摘した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中