いまだ鎮火せず...苫小牧沖フェリー火災、懸命の消火・捜索続く

印刷

   北海道苫小牧市沖で2015年7月31日発生したカーフェリー火災は、8月2日午前現在も鎮火せず、消火活動が続いている。

   この火災は31日夕方、商船三井フェリーが運航する「さんふらわあ だいせつ」で発生した。積まれていたトラックから出火したものと見られている。海上保安本部などが消火活動を続けているが、2次災害のおそれもあり、直接現場に近づくことができない状態だといい、鎮火には時間がかかると見られている。

   この火災で、2等航海士の織田邦彦さん(44)が行方不明となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中