2018年 10月 22日 (月)

佐野研二郎氏、トートバッグのデザイン8種類を取り下げ決定 ほかにも「盗用」指摘があり、騒動沈静化せず

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   佐野研二郎氏がデザインし、現在サントリーによるキャンペーンの賞品となっている計30種類のトートバッグについて、佐野氏の主宰するデザイン事務所「MR_DESIGN」(東京都渋谷区)が2015年8月13日、うち8種類のデザインを取り下げるようサントリー側に依頼したと公式サイト上で発表した。ネット上では数種類のデザインに関し「盗用」が指摘されていた。

   佐野氏デザインの商品をめぐってはトートバッグ以外にも「盗用」疑惑の指摘が寄せられており、東京五輪エンブレムに始まった騒動は収まりそうにない。

  • 修正前のトートバッグ一覧(画像はサントリーのキャンペーン公式サイトより。現在は修正)
    修正前のトートバッグ一覧(画像はサントリーのキャンペーン公式サイトより。現在は修正)
  • 修正後のトートバッグ一覧(画像はサントリーのキャンペーン公式サイトより)
    修正後のトートバッグ一覧(画像はサントリーのキャンペーン公式サイトより)

「東京五輪のエンブレムも辞退せよ」の声

   トートバッグは、サントリーが2015年7月7日から8月31日まで開催しているキャンペーンの賞品。ノンアルコール炭酸飲料ブランド「オールフリー」を対象に、商品に貼られたシールを48点分集めると計30種類の中から1つもらえる仕組みとなっていた。

   発表によると、取り下げを決定したのはネット上で「盗用」が指摘されていた鳥、フランスパン、赤色の標識を含む計8種類。

   トートバッグのデザインは「身近にあるアイデアや素材をモチーフにしたもの」と説明しつつも、すでに専門家を交えた事実関係の調査、検討を開始していると明かした。「盗用」があったかどうかには言及していない。

   発表を受け、ネット上では佐野氏デザインによる東京五輪の公式エンブレムもベルギーのデザイン会社から「盗用」が指摘されていることとからめて、

「東京五輪のエンブレムも辞退せよ」

といった声が寄せられ、騒ぎは収まりそうにない。

   一方、サントリーも13日、公式サイト上に謝罪文を発表。佐野氏からの申し出で一部賞品の発送を中止したことと、キャンペーン自体は継続することを発表した。

   サントリーのキャンペーン公式ページでは、すでにトートバッグが「全22種類」となっており、取り下げが決定したデザインは削除されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...