2019年 2月 18日 (月)

佐野研二郎氏「盗用」疑惑拡大の一途 五輪エンブレム取り下げ不可避との見方も

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   五輪エンブレムを手がけたデザイナーの佐野研二郎氏(43)に対し、新たな「盗用」の指摘が相次いでいる。佐野氏への提訴の動きも止まず、ネット上では、エンブレムの取り下げは避けられないとの見方も出てきている。

   佐野研二郎氏の作品では、サントリーのキャンペーン商品のトートバッグに盗用疑惑が持ち上がり、佐野氏側は、30点のうち8点を取り下げた。

  • HP修正後にも指摘が相次ぎ…
    HP修正後にも指摘が相次ぎ…

トートバッグにも、さらに指摘が相次ぐ

   ところが、その後もトートバッグへの疑惑が次々に出ている。ネット上では、少なくとも4点が話題になっているようだ。

   うち「No.25」のデザインについては、「盗用」被害にあったとされたデザイナーの俣野温子氏がブログで苦言を呈する事態になった。俣野氏は、コーヒーカップなどの雑貨デザインに黒猫の顔と尻尾をあしらっているが、佐野氏のトートバッグがこれに似ていると指摘されている。

   俣野氏は16日のブログで、佐野氏が取り下げたトートバッグはコピペが明らかで逃げ場のないものに限られていて、デザインが似ているとされたものを認めなかったのは異論があるとして、「まだ一部分しか認めないという佐野さんの認識は少しご自身に甘いようにも思えます」と批判した。そして、「ある意味コピペよりも悪質かもしれませんが大多数の方が一目見て似ていると判断したものがコピーと判断されます」と指摘した。

   ただ、盗用だと断定するのは難しいとして、黒猫のデザインは認知度が高くなっていることから、「影響があるものとも思えませんのでただ静観していようと思っています」とつづった。その後、俣野氏は、悩んだうえで、このブログ記事を削除したと明かしている。

   トートバッグについては、「No.2」にも、マレーシアのデザイナー、Lim Heng Swee氏の作品と似ているとの指摘が出ている。それは、水色に塗られた中に白い波模様が描かれている点だ。Lim Heng Swee氏のものでは、佐野氏の別の作品も似ているとされたが、はっきりしない部分がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中