2019年 1月 16日 (水)

東京五輪エンブレム提訴、組織委がベルギー側を非難

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2020年東京五輪の公式エンブレムがベルギーの劇場ロゴに似ているとして、劇場やデザイナーが提訴を起こした問題で、大会組織委員会は2015年8月17日、「我々の詳細な説明に耳を傾けようともせず、提訴する道を選んだ態度は受け入れがたい」などと非難する声明を発表した。複数メディアが報じた。

   劇場ロゴをデザインしたオリビエ・ドビ氏らは14日、大会エンブレムが著作権を侵害しているとして、国際オリンピック委員会(IOC)に対しエンブレムの使用差し止めなどを求める訴訟を起こしたと発表した。

   組織委は17日、公式エンブレムは「独自の創作行為に基づく完全にオリジナルな作品」だとした上で、「東京大会の価値やメッセージを包含し、1964年の東京大会のエンブレムとの結びつきも示した作品である」などとコメント。これまでどおり、権利侵害はないとの立場を示した。

   なお、エンブレムをデザインした佐野研二郎氏は14日、自身の事務所が手がけたキャンペーン商品に他の作品を模倣したものがあったとして謝罪。エンブレムについては「模倣は一切ない」と断言しているが、インターネット上を中心に波紋が広がっている。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中