「号泣会見」野々村元県議 詐欺などの罪で在宅起訴

印刷

   神戸地検は2015年8月18日、政務活動費約913万円をだまし取ったとして野々村竜太郎・元兵庫県議を詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪で在宅起訴した。議員の政活費をめぐる詐欺罪での起訴は異例だ。

   初当選した11年度から13年度の間、実際に行っていない城崎への日帰り出張など、収支報告書に虚偽記載をして政活費をだまし取ったとされる。

   野々村元県議は問題発覚した14年7月に号泣会見をし、間もなく辞職。受け取った政活費は、すでに全額返済している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中