2019年 5月 25日 (土)

安曇野市の「ふるさと納税額」爆発的に伸びる お礼の「VAIOノートパソコン」が絶大人気

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   応援する自治体に寄付できる「ふるさと納税」制度で、長野県安曇野市に寄付された金額が2015年4月から7月までの4か月間で、3億4000万円近くになった。これは前年度1年間の65倍以上という数字だ。

   「ふるさと納税」では、自治体が寄付した人に地元の特産品などのお礼の品を用意している例が多い。安曇野市が15年6月からVAIOのノートパソコンの提供を始めたところ、寄付する人が殺到したのだという。

  • 「VAIO」で寄付希望者殺到(画像は安曇野市の公式サイトより)
    「VAIO」で寄付希望者殺到(画像は安曇野市の公式サイトより)

すぐに「完売」、受け付けを一時休止

   安曇野市はこれまで日本酒や、ワカサギの空揚げ、甘露煮といったお礼の品を用意していたが、今年が市制施行10周年に当たるため「ふるさと納税」を盛り上げようと新たに20品目を追加した。その一つが15年6月から始めたVAIO社製のノートパソコン2種類の提供で、30万円寄付すれば19万円相当の「VAIO Z(オフィスなし)」、40万円寄付すれば25万円相当の「VAIO Z(オフィスあり)」がもらえる。

   VAIO社はソニーのパソコン事業を分社化し発足した。現在は同市に本社と開発製造拠点がある。贈られるパソコンは特別仕様のロゴと刻印が入る。

   このVAIOのお礼を加えたところ申し込みが殺到し、6日夜から7日にかけて170件の申し込みが集中し、7日の正午から受け付けを一時休止せざるを得なくなった。7月21日には350台を追加し寄付を募ると、午前0時開始から同9時までに「完売」した。

   VAIO効果がどれほどになったかというと、14年度1年間の寄付は211件で総額516万2000円だったのに対し、15年度は7月29日までに寄付が1655件で総額が3億3946万7200円。寄付件数は約8倍で、総額は65倍以上に。VAIOのノートパソコンはトータルで900台出て、生産が追い付かないなどの理由から7月21日の時点で申し込みの受付を休止している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中