2019年 9月 21日 (土)

コンビニおでんの販促ポップ、組織委からストップ これで「五輪エンブレムを想起させる」なんてよくいうね

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「エンブレムを想起させるようなデザインは商業利用できません」。東京都内のコンビニが店内で掲示したおでんの販促ポップが、東京五輪の公式エンブレムに似ているとして、大会組織委員会からストップがかかった。

   当の公式エンブレムがベルギーのデザイナーから提訴を受け、「パクリ」疑惑の真っただ中にあるだけに、組織委の言い分に対しネットでは「お前が言うな!」と大反発が起きている。

  • ツイッターに投稿されたおでん販促ポップ(ツイートはすでに削除された)
    ツイッターに投稿されたおでん販促ポップ(ツイートはすでに削除された)

「具の配置がエンブレムを容易に想起させるものと思われます」

   話題の販促ポップを作ったのはセブン‐イレブン武蔵小金井本町2丁目店。おでんのセールを告知するために制作された。

   そのデザインは、まん中に縦のちくわ、左上と右下に三角の厚揚げとこんにゃく、右上に丸い大根を配置したものだった。2015年8月19日、同店のツイッターが画像を投稿したところ、「気付いた瞬間笑った」とネット上で大きな話題を集めた。それもそのはず、この構図は佐野氏がデザインしたエンブレムとそっくりなのだ。

   同店の大坪正直オーナーによると、問題はないと思っていたが、「念のため」東京五輪・パラリンピック組織員会に使用を問い合わせたところ、

「具の配置がエンブレムを容易に想起させるものと思われます」
「店舗に掲示や配置するということになりますと商業利用にあたってくるので、お控えいただくことになります」

という返事がメールで戻ってきた。もともとは「常連のお客さんにいい意味で苦笑いしてもらおう」(大坪オーナー)と考えていたものだったが、どんどん話が大きくなったため、結局ポップの掲示は見合わせた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中