2018年 11月 19日 (月)

【J-CAST9周年ワンクリック投票企画】
日本の将来を問う...第6弾「少子高齢化」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   J-CASTニュースは2015年7月26日にオープン9周年を迎えました。そこで、「日本の将来」を読者の皆さんとともに考えるアンケート企画を実施中です。用意したのは10テーマ50問(順次配信)。ぜひ本文以下のアンケートにご参加ください。


ますます加速する「少子高齢化」 日本がとるべき方策は?

   長らく少子高齢化が問題視されているが、依然として解決の糸口は見えない。いわゆる「団塊の世代」(1947年~49年生)も、ここ数年で「前期高齢者」に仲間入り。日本の高齢化は、さらに加速している。

   内閣府の「平成27年版高齢社会白書」によると、65歳以上の高齢者人口は、2014年10月現在で3300万人(前年3190万人)。高齢化率は26.0%(前年25.1%)にのぼった。これからも高齢者人口は増加し、2042年(3878万人)にピークを迎える。しかし、その後も少子化は進むため、2060年の高齢化率は39.9%になると試算している。

   高齢者が4割近くなれば、そのぶん現役世代(15~64歳)の負担も増える。2014年の時点では高齢者1人に対して現役世代2.4人が支えている計算になるが、これが2060年には現役世代1.3人が支える時代になるという。

   さまざまな問題を抱えるなか、次の世代へ「安心できる未来」を託すため、どのような選択をすればよいのだろう。年金制度、少子化対策、介護のあり方――2015年の日本には、まだまだ問題が山積している。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中