遠藤五輪相「新国立競技場の総工費の上限は2000億円」

印刷

   遠藤利明オリンピック・パラリンピック担当大臣は2015年8月22日に山形市で開かれた自身の後援会の会合のあいさつし、新国立競技場の総工費の上限を2000億円にしたいと語った。

   3年前の計画では1300億円程度の想定だったが、これを現在の物価で計画通りに作れば2000億円を超えてしまう。そのため「2000億円を下回るように設定したい」と説明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中