2019年 11月 18日 (月)

水原希子、今度は「FUCK YOU」騒動 Tシャツ表記めぐり、「またか」の声

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   モデルの水原希子さん(24)が画像共有サイト「インスタグラム」に投稿した写真が、またも物議を醸している。原因は、水原さんのTシャツに大きくデザインされた「FUCK YOU」の文字。

   水原さんが何を意図して写真を投稿したかは分からないが、コメント欄には日本語だけでなく英語による非難の声も多数寄せられている。

  • Tシャツに「きわどい」文字が(画像はイメージ)
    Tシャツに「きわどい」文字が(画像はイメージ)

下品な表現「Fワード」のひとつ

   問題の写真が投稿されたのは2015年8月22日だ。写真の水原さんは、カラフルな模様で「FUCK YOU」と描かれた白地のTシャツを着たまま、右手を腰にあて、カメラをにらみつけている。

   写真はすぐにネットで話題となり、コメントが次々寄せられた。

「自由すぎますね。呆れます」
「あまりよろしい言い方ではない」

といった批判だけでなく、

「かっこいい希子ちゃん」
「希子ちゃん似合ってるよ」

と好意的な意見もあり、賛否両論だ。

   英語でも「Fuck you too」(お前がくたばれ)、「I LIKE THE SHIRT」(私はこのシャツ好きです)と意見が分かれている。投稿以降、26日18時現在まで、水原さんはこの写真について説明していない。

   「FUCK YOU」は一般的に「くたばれ」「クソくらえ」と日本語訳され、英語で最も下品な表現(スラング)の1つだ。アメリカのテレビやラジオでは「FUCK」が含まれる表現を「Fワード」と呼び、出演者が口にすると「ピー」という自主規制音で伏せられる。

   一方、SNSをのぞくと、「すごい~」を表す副詞として使われた「FUCK」や「What the fuck(WTF)」(なんてことだ!の意)の表現をそこかしこに見つけられる。

   日本で人気のハリウッド映画でもおなじみのフレーズだ。2014年公開のレオナルド・ディカプリオさん主演映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」は、計506回もの「Fワード」が登場する。さまざまな世界一を集めた「ギネス世界記録」の2015年版にも、最も多くの「FUCK」が発声された劇場映画、に認定された。

   また、「FUCK YOU」の文字がデザインされたTシャツも数多く販売されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中