2018年 8月 20日 (月)

ローソン、スリーエフと提携交渉 共同仕入れや商品開発

印刷

   コンビニエンスストア大手のローソンが、神奈川県を中心とする首都圏に560か店を展開する中堅のスリーエフと資本業務提携に向けて交渉をはじめていることが、2015年8月31日にわかった。スリーエフは提携交渉について認めている。ローソンがスリーエフの株式の約5%を取得して、仕入れやプライベートブランドの商品開発を共同で進めていくという。

   地域の中堅コンビニは価格競争力や商品開発力で、コンビニ大手と比べて苦戦しているところが少なくなく、そのためコンビニ大手と組む動きが活発化している。14年には広島市を本拠地に中国地方を地盤とするポプラがローソンと資本業務提携した。

   一方、コンビニ大手は業界3位のファミリーマートが4位のサークルKサンクスを傘下にもつユニーグループ・ホールディングスと統合交渉中で実現すれば、2位のローソンを店舗数や売上高で上回る規模になるなど、シェア争いが過熱している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中