2018年 10月 16日 (火)

ローソン、スリーエフと提携交渉 共同仕入れや商品開発

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   コンビニエンスストア大手のローソンが、神奈川県を中心とする首都圏に560か店を展開する中堅のスリーエフと資本業務提携に向けて交渉をはじめていることが、2015年8月31日にわかった。スリーエフは提携交渉について認めている。ローソンがスリーエフの株式の約5%を取得して、仕入れやプライベートブランドの商品開発を共同で進めていくという。

   地域の中堅コンビニは価格競争力や商品開発力で、コンビニ大手と比べて苦戦しているところが少なくなく、そのためコンビニ大手と組む動きが活発化している。14年には広島市を本拠地に中国地方を地盤とするポプラがローソンと資本業務提携した。

   一方、コンビニ大手は業界3位のファミリーマートが4位のサークルKサンクスを傘下にもつユニーグループ・ホールディングスと統合交渉中で実現すれば、2位のローソンを店舗数や売上高で上回る規模になるなど、シェア争いが過熱している。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...