16年用の年賀はがき、1等10万円 過去最高額

印刷

   日本郵便は、2016年用のお年玉付き年賀はがきの1等賞品の現金を過去最高の10万円に引き上げると、2015年8月31日に発表した。「お年玉」の金額を引き上げることで、販売枚数の減少に歯止めをかける。発売開始は10月29日で、約30億2000万枚を発行する。抽選は16年1月17日。

   年賀はがきの賞品に現金が加わったのは2014年用が初めてで、14年用と15年用の1等賞品は1万円だった。日本郵便は16年用の1等賞品の現金を10万円に引き上げる一方で、当選確率を従来の「10万本に1本」から、「100万本に1本」と10分の1にする。

   1等賞品は、現金のほか旅行、家電などから選ぶこともできる。いずれも10万円相当の賞品となる。

   16年用の年賀はがきには、ふなっしーやスーパーマリオブラザーズなど11種類のキャラクターのデザインを用意。また、新たにパソコンやスマートフォンの専用サイトで注文できるサービスもはじめる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中