2019年 1月 16日 (水)

韓国政府、産経新聞コラムに「憂慮」表明 削除も求める

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   産経新聞のウェブサイトと「SANKEI EXPRESS」紙(2015年8月30日付)に掲載されたコラムをめぐり、韓国政府は9月1日、コラムが日韓関係に否定的な影響を与える可能性があるとして産経新聞側に憂慮を伝えた。コラムの削除も要望した。

   コラムは「米中二股 韓国が断ち切れぬ『民族の悪い遺産』」と題して野口裕之・政治部専門委員が執筆。朴槿恵(パク・クネ)大統領が北京で9月3日に開催される「抗日戦勝70周年記念軍事パレード」を参観することを引き合いに、日本軍人に暗殺された朝鮮王朝時代の王妃・閔妃(ミンビ、明成(ミョンソン)皇后)との共通点を指摘。韓国外交を「事大主義」だとして批判していた。

   産経新聞がウェブサイトで配信した記事によると、韓国大使館員が東京・大手町の産経新聞東京本社を訪れ、本国の意向を伝えた。コラムは9月2日正午現在、掲載されたままになっている。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中