2018年 8月 15日 (水)

インドネシア、高速鉄道白紙に 日中両案とも採用せず

印刷

   インドネシアのナスティオン経済調整相は2015年9月3日夜、日本と中国が受注を競っていた国内の高速鉄道建設計画について、一から見直す方針を明らかにした。

   首都ジャカルタからバンドンまでの約150キロの区間を最高時速300キロ以上の高速鉄道で結ぶ計画だったが、ジョコ大統領が高速鉄道は必要なく、財政負担の大きさもあり、中速度の鉄道で十分だと判断した、としている。

   日中の提案はいずれも総工費50億ドル(約6000億円)以上の規模だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中