2018年 11月 18日 (日)

東京五輪公式キャラでも「盗作騒ぎ」起きる心配 キャラクター大国の日本では何かに似てしまう?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   デザイナー佐野研二郎氏デザインの2020年東京五輪の公式エンブレムが使用中止になったことを受けて、東京五輪の「公式マスコットキャラクター」も同様の危機が訪れるのではないか、と心配の声が挙がっている。

   今回の使用中止はネットユーザーの追跡と調査が大きな影響を与えたとされているが、公式キャラクターについても同じような騒ぎが起きても不思議はない。とりわけ日本は「キャラクター大国」といわれるほど無数のキャラが存在し、何かに似ている可能性は高いのだ。

  • 五輪エンブレム問題が公式キャラクター選びにも飛び火するのか(画像は成田国際空港で8月31日撮影)
    五輪エンブレム問題が公式キャラクター選びにも飛び火するのか(画像は成田国際空港で8月31日撮影)

「視覚的にデザインは分かりやすいから、獲物を探している人たちは騒ぎやすい」

   2015年9月6日放送のフジテレビ系情報番組「ワイドナショー」では、ネットユーザーが佐野氏のパクリ疑惑を追及し、バッシングを行って白紙撤回に導いた、などといった内容を放送した。コメンテーターとして出演した芥川賞作家の羽田圭介さん(29)は、

「視覚的にデザインは分かりやすいから、獲物を探している人たち(ネット民)は騒ぎやすい。騒ぎやすいから騒いでいるのかな」

と説明した。パクリかそうでないかの境界がはっきりしないため、パクリでないとしてもネットで疑惑として騒がれる可能性はある。

盗作ではなくても何かに似てしまう可能性がある

   これから発表されるのは公式マスコットキャラクター、公式ユニフォーム、公式テーマソング、公式ポスターなどだが、羽田さんが言う「獲物」にされる筆頭はキャラクターなのではないか、などと囁かれている。

   日本はキャラクター大国で、アニメやゲーム、ご当地ゆるキャラなど数えきれないほど存在する。盗作ではなくても何かに似てしまう可能性があり、そこに攻撃が仕掛けられるのではないか、というのだ。

「どうせまたネット民が大騒ぎすんだろ。よかったなネット民」
「誰のどんな作品が選ばれても批判されるのは確実」
「平凡なデザインだったら。容易に類似キャラが見つかって、お前らに盗作だって言われる」

などといった書き込みが掲示板に出ている。騒ぎが大きくなればまた、「一般国民の理解を得られなくなった」となる可能性は否定できないというのだ。いっそのこと、既存のキャラを使えばいいといった意見が出て、ネットで盛り上がりを見せている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中