2019年 1月 17日 (木)

アルバイト情報誌「an」が休刊 首都圏と関西圏の一部

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   人材サービス大手の「インテリジェンス」(東京都千代田区)は2015年9月10日、アルバイト情報誌「an(アン)」の紙媒体での発行を首都圏など一部地域でとりやめ、同誌公式サイトを使った情報発信に一本化すると明かした。

   同社は全国の大都市圏で14の地域版を発行し、鉄道駅やコンビニエンスストアなどで無料配布。そのうち、関西圏の一部(大阪・梅田など)で配布されていた2版を9月14日、首都圏1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)で配布されていた4版を11月23日発行号で休刊とする。

   担当者によると、休刊の理由は「当該地域はスマホなどで『an』を見る層が厚く、法人側もウエブ媒体に求人広告を掲載する方が費用対効果に優れているため」。紙媒体の復活については「市場の動き次第です」という。

   なお、残り8版については、紙媒体での発行を継続させる。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中