2018年 10月 16日 (火)

アルバイト情報誌「an」が休刊 首都圏と関西圏の一部

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   人材サービス大手の「インテリジェンス」(東京都千代田区)は2015年9月10日、アルバイト情報誌「an(アン)」の紙媒体での発行を首都圏など一部地域でとりやめ、同誌公式サイトを使った情報発信に一本化すると明かした。

   同社は全国の大都市圏で14の地域版を発行し、鉄道駅やコンビニエンスストアなどで無料配布。そのうち、関西圏の一部(大阪・梅田など)で配布されていた2版を9月14日、首都圏1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)で配布されていた4版を11月23日発行号で休刊とする。

   担当者によると、休刊の理由は「当該地域はスマホなどで『an』を見る層が厚く、法人側もウエブ媒体に求人広告を掲載する方が費用対効果に優れているため」。紙媒体の復活については「市場の動き次第です」という。

   なお、残り8版については、紙媒体での発行を継続させる。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...