2018年 7月 19日 (木)

ワタミ、介護事業を売却へ 損保ジャパン日本興亜が買収検討

印刷

   外食チェーン大手のワタミが、子会社の「ワタミの介護」で手がけている介護事業の売却に向けて調整していることがわかった。ワタミは2015年9月10日、「現時点で決定した事実はない」としているが、損害保険大手の損保ジャパン日本興亜ホールディングスは同日、ワタミの介護事業の買収について「検討している」ことを明らかにした。

   ワタミの介護事業は、首都圏を中心に100を超える有料老人ホーム「レストヴィラ」を運営しているほか、デイサービスなども手がけている。事業の多角化を進めてきたこれまでの戦略を転換し、居酒屋「和民」を中心とする飲食分野に経営資源を集中する。

   ワタミは2015年3月期決算で連結税引き後利益が126億円の赤字になるなど、経営不振に陥っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中