2019年 11月 13日 (水)

東海大キャンパスにすべて英語の「インターナショナル・カフェ」 「行ってみたい」「いい迷惑」学生から賛否噴出

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   東海大学は、神奈川県平塚市にある湘南キャンパスに「インターナショナル・カフェ」をオープンする。

   店内は、メニューや学内掲示板、流れているテレビ番組も備え付けの雑誌も、すべてが「英語」という徹底ぶり。もちろん、働いているスタッフも英語で接客する。

  • 東海大・湘南キャンパスのドトールコーヒーが「完全英語化」に!(画像は、イメージ)
    東海大・湘南キャンパスのドトールコーヒーが「完全英語化」に!(画像は、イメージ)

英語メニューにネイティブスタッフ、TVはCNNに

   理工系から情報系、社会・人文科学、スポーツなど多様な9つの学部と大学院が併設された広大な東海大学・湘南キャンパス。その正門を入ってメインストリートを歩くと、右側に研究実験E館が現れる。陸上競技場の手前、そこに「インターナショナル・カフェ」がある。

   東海大学によると、カフェはセルフ式コーヒーショップのドトールコーヒーと協力し、そのフランチャイズとして学生食堂を営む会社が運営。学生が夏休みを終え、後期の授業がはじまる2015年9月16日にリニューアルオープンする。

   募集中のスタッフは、ネーティブの外国人や英会話を学ぶ日本人で、接客でも日本語は使わない。求人募集のホームページにも、「あなたの英語力を活用してみませんか!? 留学生の利用が多いため英会話ができる方、キャンパス内のCafeスタッフ募集」と呼びかけている。時給も1200円(3か月の研修期間中は900円)と、他の求人情報と比べて、やや高めに設定されている。

   注文をはじめ接客は英語で応じる。店内のメニューや学内掲示板はすべて英語。流れるテレビ番組はCNNなど英語の番組のみ、雑誌も英語という。

   キャンパスに「英会話ラウンジ」を設置するケースはあるが、学生食堂やカフェを「完全英語化」するのは珍しい。ドトールコーヒーも、こうしたケースは「初めてです」と話している。

   大学の狙いは、学生の日常の英会話力の強化と留学生向けサービスの充実だ。店内では友人同士の会話もすべて英語を使うようにして、ふだんからカジュアルな交流を促していく。東海大学は38か国・地域の115大学・研究機関と学術交流協定を締結し、研究者や学生の国際的な交流に積極的。湘南キャンパスでは700人を超える留学生が学んでおり、国際学会で訪れる外国からの研究者も多い。

   東海大学は「授業では学ぶことができない宗教や政治・経済などに関する異文化コミュニケーションを通じて、異文化に興味をもち、国際理解を深めてもらうことを目的としています」という。

   カフェが文字どおりの「インターナショナル」な交流の場になることを期待している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中