2018年 7月 23日 (月)

五輪エンブレム発表イベント費、都の負担はなし

印刷

   2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムが白紙撤回された問題で、2015年7月に開催されたエンブレム発表会の費用約6900万円は大会組織委員会が全額負担することになった。舛添要一東京都知事が9月15日の定例記者会見で明らかにした。

   発表会は7月24日に都と組織委の共催で開かれ、報道によれば、当初は都が約7000万円を上限に費用を負担する契約になっていたという。撤回の経緯を踏まえ、組織委は都に負担を求めないことで合意した。

   一方、都が発注したエンブレム関連グッズなど約4600万円分のうち、すでに完成していたポスターの分など約600万円分は都の損失となった。パンフレットなど約3100万円分はデザインを差し替えるなどして対応し、約900万円分については業者と交渉中という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中