2019年 12月 13日 (金)

樋渡啓祐・前武雄市長、大放言の一部始終 「民放は金魚のフン」「CCC社長は女郎屋の息子」...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「民放は金魚のフン」「(CCC社長は)女郎屋の息子」――これらはすべて、樋渡啓祐・前武雄市長が岐阜県可児市で講演した際、本人の口から出た言葉だ。

   講演参加者がツイッターなどでこうした「不適切」発言を報告し、前市長への批判が多数寄せられた。

  • 講演会で「言いたい放題」(画像は樋渡社中の公式サイトより)
    講演会で「言いたい放題」(画像は樋渡社中の公式サイトより)

まとめサイトで「馬鹿にしている」「品がない」と批判

   樋渡氏は2015年9月13日、一般社団法人可児青年会議所の40周年を記念して可児市文化創造センターで開かれた「基調講演 樋渡啓祐氏講演会」に登場。講演内容は市長時代のエピソードから、マスコミ報道への所感まで多岐にわたった。また、武雄市図書館の運営をカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)に委託していた関係から、増田宗昭CCC社長について触れる場面もあった。

   しかし、中に「不適切」と思われる発言もいくつか飛び出した。それらは講演中から一部の参加者によって逐一ツイッターで報告され、まとめサイトが記事化。講演後には、参加者が講演を録音した音源をYouTubeに一部公開したため、より一層注目された。

   音源として公開されている内容はこうだ。まず、武雄市内の市立小学校へ通うすべての児童に無償でタブレット型端末を配布した政策に触れた際、

「(小学校には)発達性障害の子どもたちがすごい多いんですね。(タブレット端末を配ると)自信持って小学校へ行くんですよ」

   と発言。次に、NHKの報道を民放各局が後追いする様子について、

「NHKがいっぱい放映すると、民放が金魚のフンみたいに食い込んできますね」

と表現した。

   話題がCCCの増田社長に移ると、

「(増田社長の)SPさんが指3本しかなかったんですね。冗談ですよ」
「あの人、大阪枚方の女郎屋の息子だったのにな」

とその出自まで「暴露」するなど、言いたい放題だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中