2018年 5月 27日 (日)

安保法、成立後も「反対」「評価せず」過半数 各紙世論調査

印刷

   安全保障関連法の成立を受けて新聞各紙が行った世論調査で、安保法に「反対」または成立を「評価しない」が過半数で、法律に対する厳しい世論が改めて示された。

   2015年9月21日付の朝刊1面では、朝日、毎日、読売、日経の4紙が9月19~20日に行った調査の結果を掲載。朝日では、法律に「賛成」が30%、「反対」が51%。毎日は法律の成立を「評価する」が33%で、「評価しない」が57%だった。読売でも同様に「評価する」31%「評価しない」58%と、成立に否定的な声の方が大幅に上回った。日経の調査はテレビ東京と共同で行われ、「評価する」31%、「評価しない」54%だった。内閣支持率は、各紙の調査でそろって低下した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中