入院患者の満足度が66.7%で過去最高

印刷

   厚生労働省は「平成26 年受療行動調査(概数)」の結果を2015年9月8日に発表した。それによれば病院に対する全体的な満足度で「非常に満足している」「やや満足している」と答えた人は外来患者が57.9%、入院患者66.7%で、入院患者の満足度は過去最高となった。

   外来患者の満足の割合が最も高いのは「医師以外の病院スタッフの対応」が58.3%で、次いで「医師との対話」55.8%だった。最も低いのは「診察までの待ち時間」28.1%だった。入院患者の満足の割合が最も高いのは「医師以外の病院スタッフの対応」で69.3%、次いで「医師による診療・治療内容」69.1%だった。最も低いのは「食事の内容」43.7%だった。この調査は医療施設を利用する患者に対し1996年から3年ごとに実施しているもので、14年は全国の一般病院488 施設を利用する患者(外来・入院)約19 万5000人を対象に14年10 月に実施し約15 万3300人から有効回答を得た。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中