「南京大虐殺」「慰安婦」記憶遺産申請は「ユネスコの政治利用」 菅官房長官が中国を非難

印刷

   中国が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に「慰安婦関連資料」と「南京大虐殺文書」を登録申請している問題で、菅義偉官房長官は2015年10月2日の会見で、

「日中両国が関係改善のために努力をする、それが必要な時期に中国がユネスコの場を政治的に利用して日中間の過去の一時期における負の遺産をいたずらに強調しようとしている」

などと中国側の動きを非難した。菅氏は登録申請を「きわめて遺憾」とした上で、

「中国に再四、累次抗議の上取り下げをするように申し入れをしてきている」

と述べた。ユネスコに対しても

「ユネスコの政治的利用に対する懸念を強く申し入れている」

とした。

   登録の可否を検討するユネスコの諮問会議は10月4日から始まる予定だ。

  • 記者会見する菅義偉官房長官
    記者会見する菅義偉官房長官
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中