2018年 8月 20日 (月)

実は「ウィー!」と言ってなかった スタン・ハンセン雄たけびの真相

印刷

   「ブレーキの壊れたダンプカー」の異名を持ち、日本で活躍したプロレスラー、スタン・ハンセンさん。右腕を振り上げ、観客とともに「ウィー!」と叫ぶ姿でおなじみだ。

   しかし実はこの雄たけび、「ウィー!」と言っているものではないと本人がテレビ番組で明かし、視聴者の間には衝撃が広がっている。

  • この時も「ユース!」と言っていたのだろうか(写真:平工幸雄/アフロ)
    この時も「ユース!」と言っていたのだろうか(写真:平工幸雄/アフロ)

「ずっとウィー!だと思ってた」

   テキサス生まれのハンセンさんはアメリカでキャリアを積み、1975年に初来日。「ウエスタン・ラリアット」を武器にスターダムにのし上がり、アントニオ猪木やアンドレ・ザ・ジャイアントとの死闘はプロレスファンの語り草になっている。

   リングインや勝利した際、人差し指と小指を立てた右腕を振り上げ、「ウィー!」と叫ぶ決めポーズはプロレスファンでなくともおなじみだろう。

   しかし、この代名詞とも言える「ウィー!」ポーズ。ハンセンさん自身が、

「あれは『ユース』と叫んでいるんだ」

と明かしたのだ。

   2015年10月7日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)に出演し、「俺が日本に来た当時、まわりは年上ばかりで俺が一番若い世代だったんだ」と説明。「俺たち若者が上の世代を食ってやるぞ」という思いを「ユース(youth)」に表していたのだという。

   多くの視聴者にとっては、まさに衝撃。ツイッターなどネットには

「こりゃ衝撃だわ」
「ウィーって言ってなかったのか、ハンセン...」
「ずっと数十年ウィー!だと思ってたよ」

という書き込みが相次いだ。当時のスポーツ紙でも見出しに「ウィー!」の文字が躍っていて、勘違いしても仕方ない。

本当に「ユース」と言ってるのか?

   なかには「絶対ウィーって言ってるよ?」と疑う人もいた。確かに映像を見る限り、来日当初は「ユース!」と言っているようだが、晩年は「ウィー!」としか聞こえない。

   番組では本当に「ユース」と言っているのか突っ込まれていたが、「イエス、オフコース。最初からずっとユースと言っているよ」と答えていた。

   多くの人が驚く一方、プロレスファンからは、

「プロレスファンからは結構昔から有名な話なんですけどね」
「いったい何年前の話題いまさら本人にさせてるんだか」

という反応もあった。実際に2012年のイベントなどで同様の説明をしたことがあったのだ。

   一部プロレスファンを除き、衝撃を持って受け止められた「ウィー!」の真実。ハンセンさんがリングを降りて10年が以上たった今、あらためて日本プロレス界に残した足跡の大きさが分かったと言えるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中