2018年 12月 12日 (水)

セックスすると「父性」に目覚める 理研がマウスの脳で確認

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   メスと交尾をすると、それまで幼い子を攻撃していたオスが子育てをするようになる――。理化学研究所脳科学総合研究センターの黒田公美チームリーダーらが、オスのマウスは特定の脳領域が活性化して「父性」に目覚めることを突きとめた。2015年9月30付の欧州科学雑誌「EMBOジャーナル」に発表した。

   マウスでは、交尾経験のない童貞オスは、子の養育をしないどころか、かみついて攻撃することが知られている。ところが、交尾してメスと一緒に過ごすと、自分の子かどうかにかかわらず、攻撃せずに世話をするようになる。それはなぜか、謎だった。

   そこで研究チームは、子を養育するオスと攻撃するオスとでは脳の働きがどう違うのか調べた。その結果、養育するオスでは「内側視索前野」という部位が活性化し、攻撃するオスでは「分界条床核」という部位が活性化していた。この2つの部位の関係を調べると、メスと交尾することによって「内側視索前野」(養育)が活性化し、そこから「分界条床核」(攻撃)の働きを抑える信号が出ていることがわかった。つまり、セックスで「攻撃」から「子育て」に脳のスイッチが切り替わるらしいのだ。

   研究チームでは「今後は霊長類でも同じ仕組みがあるか調べていけば、人間の父子関係の問題可決に役立つ知見が得られるかもしれない」としている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中