トルコ・アンカラで爆弾テロ、95人死亡

印刷

   トルコの首都・アンカラで2015年10月10日、2度の大きな爆発があり、少なくとも95人が死亡、246人に上るけが人が出た。トルコ政府は自爆テロと見て捜査を進めている。

   現場となったのはアンカラ駅周辺で、当時少数民族・クルド人系の政党「人民民主党」を支持する人々による集会が開かれていた。クルド人を敵視する過激派組織「イスラム国」(IS)の関与などが疑われている。

   安倍晋三首相は11日、トルコのエルドアン大統領に対し、「このテロ事件に際し、トルコ政府および国民に対し連帯の意を表する」とのメッセージを送った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中