2019年 10月 17日 (木)

HKT握手会「トラブル」に指原が「神対応」 パニック状態で絶叫した参加者をフォロー

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   HKT48指原莉乃さん(22)の握手会でのトラブル対応が「神対応」だと話題だ。指原さんの列に並んだ人がパニック状態になり、意味不明の言葉を絶叫した模様で、ファンからは指原さんの身の安全を心配する声が相次いだ。

   これに対して指原さんはツイッターで「何もなく握手終わりましたよ」「指原に会うことにすごく緊張してくれてただけなんです」などとフォローした。ファンからは、「大物」などと改めて感心する声や、「アイドルも大変」と逆に指原さんの立場を思いやる声も出ている。

  • 指原さんの「神対応」が話題だ(2015年6月撮影)
    指原さんの「神対応」が話題だ(2015年6月撮影)

「指原は何もなく握手終わりましたよ 捏造のレポートがあがるのは嫌だねえー」

   騒ぎが起こったのは2015年10月11日午後に横浜市で行われた握手会イベントだ。この日は、6000人のファン(主催者発表)を前に氣志團とのコラボシングル発売が決まったことが発表され、その後会場のレイアウトを変更して12の列(レーン)に分かれて握手が行われた。

   参加者の声を総合すると、握手会会場では黄色いTシャツを着た男性が、

「横浜(聞き取れず)って言ってんだ指原!(聞き取れず)できなくなっちゃった」

などとパニック状態で叫んでいたようだ。母親らしき中年女性がなだめようとしたが、それでもすぐには興奮状態は収まらなかったようだ。

   14年5月にはAKB48の握手会で傷害事件が起こっている。事件を機に保安検査が強化されたとはいえ、それでも参加者の異常行動はメンバーを危険にさらすことにもつながりかねない。指原さんのもとにも心配の声が相次いで寄せられたが、指原さんはツイッターで、

「なんだか心配の声があるけど?指原は何もなく握手終わりましたよ 捏造のレポートがあがるのは嫌だねえー」

などと自らに危険はなかったことを強調。

   ツイッター上では

「叫んでた方がいらしたみたいで...」

という声もあったが、指原さんは

「握手会にはいろんな人が来ます。普段は外になかなか出れないけど勇気を出してきてくれたり、人混みが苦手なのにきてくれたり、、応援してる人に会うと思うと、緊張して焦ってしまう人もいます」

と、騒動を起こしたファンの心情を思いやった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中