2018年 11月 14日 (水)

亀田興毅、引退するなら何するの? 「K-1」「タレント」「居酒屋」ネットで予想続々

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   プロボクシングの元世界3階級制覇王者、亀田興毅選手(28)が現役引退を表明した。

   公式ブログにはファンらからのねぎらいのコメントが続々と寄せられている。中には引退後の活動について触れるコメントも少なくない。

  • 河野公平選手(左)と亀田興毅選手(右)(写真:AP/アフロ)
    河野公平選手(左)と亀田興毅選手(右)(写真:AP/アフロ)

8月には「まだまだ現役出来そう」とつづっていたが...

   米シカゴで行われた世界ボクシング協会(WBA)スーパーフライ級タイトルマッチを前に、亀田選手は2015年10月17日6時すぎ、「決戦当日!」と題したエントリーを公開。「いよいよ今日は試合当日!コンディションは完璧 後はリングの上で全てがわかる!」と気合十分につづっていた。

   日本初の4階級制覇を狙った王者の河野公平選手(34)との一戦だったが、結果は0-3での判定負け。複数報道によると、亀田選手は試合後に報道陣の取材に応じ、「この試合で最後と決めていた。きれいさっぱりやめます」などと語ったという。

   亀田選手は今年8月、河野選手との試合について「負けたら引退」と報じられたことに対し、ブログで「って負けへんし、デビューの時から負けたら引退と思って戦ってきた」と反論していた。さらに水素療法を受けていることに触れ、「もうすぐ29歳になるのに、衰えどころか全ての数値が伸びてる」「まだまだ現役出来そう」と万全の調子であることをアピールしていた。

   だが今回の試合後、亀田選手は8月に報じられたとおりの決断を下したという。17日のブログには、ファンらから「長い間お疲れ様でした」「たくさんの感動ありがとうございます!!」「ゆっくり休んでくださいね!」といったコメントが相次ぎ寄せられている。

ファンからは「復活」待望論も

   とすると、今後の活動は、どうなるのか。

   スポーツ報知(電子版)によれば、亀田選手は試合後に「他の道に進みます」とも語っていたという。ブログでも「次は、違ったチャンプになってください」「違う方面での活躍を期待してます」などとコメントが寄せられた。

   中には「1度気持ちをリセットして考え直してほしいです」「もっと強くなって復活してください!」とボクサー続行を望む声や、「K-1で世界チャンピオンを目指してください」「K-1に行ってください!とK-1での活躍に期待する声もある。

   なお、ネット上では「他の道」について「TVタレントになるつもり?」「地元に戻って居酒屋でもやるのが一番良いだろう」「地元で細々と自営業が一番良いと思う」「「ビジネスじゃないかな。結構儲けると思う」 などと、さまざまな予想が立てられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中