2019年 4月 22日 (月)

「盟主」巨人から賭博選手がボロボロ出てくる 「平成の黒い霧になるのか」疑心暗鬼のプロ野球界

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   巨人の賭博事件第2弾が明らかになった。まだあるのか、とプロ野球界は暗雲に覆われ、関係者は首をすくめている状態だ。

   笠原将生、松本竜也。野球賭博をしていた新たな巨人2選手である。2015年10月21日に日本野球機構(NPB)の調査委員会が明らかにしたもので、この余波は球界に不安を与えている。

  • 原前監督も退任の会見で「タガが緩んでいる」と発言(2014年12月撮影)
    原前監督も退任の会見で「タガが緩んでいる」と発言(2014年12月撮影)

自ら賭けて、顧客も増やしていた

   最初に賭博が明らかになった福田聡志に加え、計3投手のスキャンダルとなった形だが、笠原は当初、「自分は(賭けを)していない」と言っていた人物である。実際は野球のほかにバカラ、麻雀などのギャンブルにもはまっていたという。

   笠原は2014年には、複数のルートを使い、プロ野球の20~30試合、松本もプロ野球の10数試合に賭けていた。福田はプロ野球、高校野球、大リーグなどに賭けていたとされる。

   調査委員会によると、笠原らの賭博行為は携帯電話の復元した履歴から分かったそうである。

   記者会見で、巨人は平身低頭だった。

「巨人の調査で判明できなかったことは、調査が甘かったと批判されても仕方がない。ドラフト会議を前に本当に申し訳ない」

   野球賭博の胴元は顧客を増やすことに積極的である。笠原は福田を紹介し、自ら賭け金の精算も請け負っていたというから、大きな役割を果たしていたといえる。ほかにも客を抱えているのではないか、との疑いを持たれてもしかたない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中