巨人新監督に高橋由伸 選手兼任ではなく現役引退

印刷

   プロ野球・巨人の新監督に高橋由伸選手兼打撃コーチ(40)が就任する。高橋選手は2015年10月23日午後、渡辺恒雄球団最高顧問(読売新聞グループ本社会長・主筆)と白石興二郎球団オーナー(同社社長・編集主幹)に面会し、来シーズンの監督就任要請を受諾した。監督就任にともない、高橋選手は現役を引退する。

   J-CASTニュースでは10月19日から、「巨人、新監督は誰がいいと思う?」と題したワンクリック投票を実施。24日正午現在(総得票数959票)、トップは江川卓氏(33%)、2位は川相昌弘ヘッドコーチ(23.8%)、3位は松井秀喜氏(11.3%)で、高橋選手は4位の10.1%だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中