2019年 7月 23日 (火)

犯罪者に対する「ネット私刑」、6割以上が「理解」 J-CAST調査

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   インターネット上で事件加害者の名前を晒し、個人情報までも公開して私的に制裁する「ネット私刑」。最近では、家族や友人の情報までが真偽不明のまま拡散したり、犯罪行為を行ったわけではないのにターゲットにしたりと、過激化する一方だ。

   「犯罪者に対するインターネット上の私刑」について、ネットユーザーたちはどう考えているのだろうか。

  • 犯罪者に対するインターネット上の私刑、どう思う?
    犯罪者に対するインターネット上の私刑、どう思う?
  • 事件を起こした人物にも「忘れられる権利」は認められるべきだと思う?
    事件を起こした人物にも「忘れられる権利」は認められるべきだと思う?

「集団リンチ、するべきではない」は4割以下

   J-CASTニュースが2015年7月22日から10月7日にかけて実施したアンケート調査(全1602票)では「場合によるが、犯罪行為を行ったのだから仕方がないと思う」を選んだ人が41.9%で、最も投票率が高かった。

   より積極的に「犯罪抑止にもつながると思うので、支持する」も19.0%あった。「仕方がない」を「消極的に認めるもの」ととらえると、全体の60%以上がネット私刑に理解を示しているという結果になった。

   反対に、「ただの集団リンチにしか見えず、するべきではない」を選んだユーザーは35.7%だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中