2020年 8月 11日 (火)

T.M.R.西川VSホリエモン「ハロウィン論争」勃発? 「大人がコスプレして練り歩き」はダメなのか

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   T.M.Revolutionことミュージシャンの西川貴教さん(45)がツイートした「日本のハロウィンイベント」に対する違和感に、実業家・堀江貴文さん(43)が反論、双方の賛同者を巻き込み、議論に注目が集まっている。

   偶然にもイギリスやアイスランドを訪問中だった西川さんは、現地のハロウィンと、仮装した大人が街を歩いたり騒いだりする日本のハロウィンイベントの違いを指摘した。一方、堀江さんは「何でもありでいい」と現状を肯定的に捉える考えを示す。

  • 西川さんの「苦言」に堀江さんの反応は…?(2013年3月撮影)
    西川さんの「苦言」に堀江さんの反応は…?(2013年3月撮影)
  • 西川さんの「苦言」に堀江さんの反応は…?(2013年3月撮影)

本場は「日本みたいなハロウィン感は全然ない」

   東京・渋谷などに「ハロウィン仮装」をした若者が押し寄せた2015年10月31日。西川さんはツイッターで「ハロウィンの盛り上がりに水を差す気はないですが」と前置きしつつ、「本来のハロウィンで仮装するのは小さな子供達で、大人がコスプレして我がもの顔でねり歩いたりするもんじゃない」と日本各地で開かれているハロウィンイベントに「苦言」を呈した。

   ただ、後のツイートで、ハロウィンイベントそのものに否定的なわけではなく「公共施設や商業施設を汚したり、通行の邪魔になる様な行為に対していかがなものかと申し上げたまで」とことわっている。どうやら、ここ数年マスコミに報じられているイベント参加者によるゴミや騒音などの問題に触れたものらしい。

   「苦言」ツイートは11月1日14時半現在までに6万2000回以上リツイート(拡散)され、大きな注目を集めている。「まさしく同意見」「仰る通り」と賛意を示すリプライ(返答)が比較的多い。

   一連のツイートを投稿した頃、西川さんはハロウィンの本場とされるロンドンやアイスランドの首都・レイキャビクを訪れていた。「(ハロウィンは)お盆みたいなもん」「家族で過ごすもの」「日本みたいなハロウィン感は全然ない」――「苦言」に付けたす形で現地の様子をそう伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中