2020年 8月 11日 (火)

2ちゃんねらーが全力でハロウィンのゴミ拾いの「善行」? 「キンコン西野」の企画潰しで「一致団結」

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   ハロウィン翌日の東京・渋谷で、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さん(35)が発案したゴミ回収プロジェクトが行われた。約500人のボランティアスタッフが参加した一大イベントで、報道を見る限り大成功を収めたようだ。

   一方、メディアに報じられることはなかったものの、インターネット上では同プロジェクトに絡む「別の運動」も起きていた。実は、2ちゃんねるに集まる人々が西野さんの「企画潰し」を掲げ、一足先に本気の清掃に乗り出していたのだ。

  • ゴミ山の上には「VIPから」の文字(画像は2ちゃんねるより)
    ゴミ山の上には「VIPから」の文字(画像は2ちゃんねるより)
  • ゴミ山の上には「VIPから」の文字(画像は2ちゃんねるより)

「ハロウィンを世界で一番楽しんだのは僕たち」

   西野さん発案のプロジェクト「SHIBUYA Halloween ゴーストバスターズ」は、仮装した人々を「オバケ」、オバケたちが出したゴミを「オバケのカス」に見立て、オバケ退治のコメディー映画「ゴーストバスターズ」のように渋谷中のゴミを楽しく「退治」してしまおう、というもの。

   ハロウィン翌日の2015年11月1日には、事前に募ったボランティアスタッフ約500人が渋谷スクランブル交差点に集合し、朝6時から一斉にゴミ拾いを開始。その後、クリエイティブスタッフ約100人が一部のゴミを再利用して「トラッシュアート」を制作した。

   プロジェクトは、渋谷区、映画会社、東京デザインウィークなどを巻き込む一大イベントとなり、複数メディアが報じるなどして大きな注目を集めた。結果は大成功だったようで、西野さんも自身のFacebook上で、

「ハロウィンを世界で一番楽しんだのは、申し訳ないけど僕たちだった。朝から晩まで、見たことがない景色が、ずっと続いていた。本当に皆のおかげ。いつも遊んでくれてありがとう。また、面白いことをしでかしましょう」

と参加者に感謝の言葉を贈った。

   ただ、同プロジェクトを受けて清掃を行ったのは500人のボランティアスタッフだけではなかった。

   実はハロウィン当日夜、2ちゃんねるの「ニュース速報(VIP)」版では、西野さん一行がゴミ拾いを始める前に自分たちで渋谷をきれいにして「企画を潰してしまおう」という話が盛り上がりをみせていたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中