2018年 10月 19日 (金)

iPadで高齢者の見守りサービス 日本郵便が実験開始

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   日本郵便は2015年10月29日、山梨県と長崎県の約1000人を対象に、米アップル社のタブレット型端末「iPad」を使った高齢者の見守りサービスの実証実験を始めた。

   「iPad」を高齢者に無償で配布、米IBMが開発した専用アプリを活用して買い物や健康管理に役立ててもらう。具体的には、高齢者がiPadに(1)自分の健康状態(2)ちゃんと薬を飲んでいるか(3)家族とのホットライン(4)買い物の状況、などを入力すると、離れて住む家族がスマートフォンなどで確認できる。IBMのアプリは文字や記号が大きくて操作しやすい。

   日本郵便では実証実験を2016年3月まで行い、データや課題を分析、その後、本格活用を検討する。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...