2018年 8月 19日 (日)

iPadで高齢者の見守りサービス 日本郵便が実験開始

印刷

   日本郵便は2015年10月29日、山梨県と長崎県の約1000人を対象に、米アップル社のタブレット型端末「iPad」を使った高齢者の見守りサービスの実証実験を始めた。

   「iPad」を高齢者に無償で配布、米IBMが開発した専用アプリを活用して買い物や健康管理に役立ててもらう。具体的には、高齢者がiPadに(1)自分の健康状態(2)ちゃんと薬を飲んでいるか(3)家族とのホットライン(4)買い物の状況、などを入力すると、離れて住む家族がスマートフォンなどで確認できる。IBMのアプリは文字や記号が大きくて操作しやすい。

   日本郵便では実証実験を2016年3月まで行い、データや課題を分析、その後、本格活用を検討する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中