2018年 9月 26日 (水)

馳文科相、ユネスコ総会で演説 「記憶遺産」登録に透明性求める

印刷

   馳浩文部科学相は2015年11月5日夕方(日本時間6日未明)、パリで開かれているユネスコ(国連教育科学文化機関)総会で演説し、世界記憶遺産の登録過程の透明性を高めるように求めた。馳氏は、中国が申請した「南京大虐殺文書」が日本の反対にもかかわらず登録されたことを受けて、総会出席を決めた。

   日本国内では、ユネスコ分担金支払いの一部停止を含めた強硬論も相次いでいたが、馳氏の演説では触れなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中