2018年 7月 23日 (月)

「辺野古移設反対運動の違法駐車、騒音が地元の生活に影響」 菅官房長官、「地域分断」批判に強く反論

印刷

   米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の辺野古沿岸(同名護市)への移設をめぐり、政府が地元3地区に対して名護市を通さずに「頭越し」に直接地域振興関連費を交付しようとしていることについて「地域分断を狙っている」といった批判が出ている問題で、菅義偉官房長官は2015年11月6日夕方の定例会見で、「まったく当たらないと思う」と強く反論した。

  • 定例会見に臨む菅義偉官房長官
    定例会見に臨む菅義偉官房長官

交付対象の3地区は条件付きで辺野古移設を容認

   菅氏は、

「今現実的にあれだけの皆さんが、マスコミで報道されているように、反対の人がそこの3区の周辺に沢山来ている。そこで違法駐車だとか騒音だとか、大変な生活に影響がある。そういうことで『何とかしてほしい』という要請を受けてきている。そうした要請のもとで対応している」

などと述べ、移設反対派による違法駐車や騒音で地域の生活に支障が出ており、その影響を少なくするために交付金が必要だと主張した。交付の対象は、移設を条件付きで容認している名護市の辺野古・豊原・久志の3地区(久辺3区)。具体的な交付額や時期は防衛省で調整している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中