2019年 10月 15日 (火)

ネットの有名人「ばびろんまつこ」の正体 詐欺で逮捕、かつては大手ITの美人広報?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   偽ブランド品をネットオークションに出品し、京都府警に逮捕された無職の女(26)は、セレブ生活を自慢する「キラキラ女子」としてネット上で話題になっていたらしい。

   「ばびろんまつこ」という名前で、ツイッターで「ハイパーエリートニート」などと自称し、不労所得があると語っていた。その人物が、最近まで都内の大手IT企業の「美人広報」としてメディアにたびたび登場していたのではないかと指摘されている。

  • ツイッターでは「ばびろんまつこ」と名乗っていたとみられる
    ツイッターでは「ばびろんまつこ」と名乗っていたとみられる

テレビやネットニュースに登場していた

「正直な話年収が1500万超えたあたりから自分より年収が低いであろう異性は自然と身近にいなくなる。いてもコンビニの店員さんとか宅急便の配達員さんくらい」
「若かりし頃に一度だけエコノミーでヨーロッパに行ったんだけど、まるで奴隷船のようでわくわくぎゅうぎゅうな感じが楽しかったな」
「秋冬物のお買い物は、アイテム一つに余裕でOL1ヶ月分のお給料か飛んでいく」

   2015年10月28日、詐欺と商標法違反の疑いで京都府警に逮捕された松永かなえ容疑者は、「ばびろんまつこ」の名前でツイッターにこんな景気のいい話を書き込んでいたとみられる。

   警察の発表では松永容疑者は無職とされている。しかしネット上では、動画配信やオンライン証券などを手がける大手IT企業「DMM.com」の社員だったのではないか、と真偽不明なうわさが広まっている。容疑者と同姓同名で顔かたちも似た人物が、同社の「美人広報」としてたびたびメディアに登場していたからだ。

   同社は14年12月にモバイルサービスを始めた。その説明で15年1月ごろからテレビやネットニュースに顔や実名を出していたのが「松永かなえ」さんなのだ。

   色白で上品そうな見た目は「ばびろんまつこ」とあまりにそっくりだ。DMM.comに真偽を問い合わせたが、「事実確認が取れておりませんのでご質問にお答えすることができません」と回答があった。すでに退職したのかも分からない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中