2018年 7月 23日 (月)

日本ハム球団、「開拓者の大地」広告撤去 アイヌ民族への配慮欠き

印刷

   プロ野球・北海道日本ハムファイターズは2015年11月9日、新千歳空港に掲げていた「北海道は、開拓者の大地だ」と書かれた吊り下げバナーをアイヌ民族への配慮に欠けていたとして撤去した。

   バナーは15年6月から16年1月まで掲出する予定だったが、北海道アイヌ協会(札幌市)から「先住民族の権利を害する不適切な表現」との指摘を受け、撤去を決めた。球団は、「プロ野球界で新たな領域を切り開くチームであり続けるとの意図だった。配慮に欠けたことはおわびすべきで、速やかに取り下げる判断に至った」と説明している。

   問題視されたバナーは4枚あるうちの1枚だったが、4枚に統一したメッセージを持たせていたため、9日中に全てを撤去。今後、デザインを変更して再掲出する予定だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中