2019年 1月 22日 (火)

BPO勧告受けた「アッコにおまかせ!」謝罪なし アナ説明も「言い訳しまくり」ネット大荒れ

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   TBSの情報バラエティー番組「アッコにおまかせ!」は2015年11月22日、放送倫理・番組向上機構(BPO)から17日に受けた、過去の番組に対する人権侵害の指摘と是正勧告について、同日放送の番組の最後にアナウンサーがBPOの勧告に触れ、「真摯に受け止め、今後の番組作りに生かします」とコメントした。

   しかし、謝罪の言葉はなく、和田アキ子さんら出演者が言及することもなかった。このため、ツイッターなどネットには視聴者からの反発が続々投稿されている。

  • 和田アキ子さんら出演者はBPO勧告について言及しなかった
    和田アキ子さんら出演者はBPO勧告について言及しなかった

「真摯に受け止め、今後の番組作りに生かします」

   番組はゲストの拍手に迎えられた和田アキ子さんが登場してスタート。和田さんが「今日も元気に生放送!アッコにおまかせ!」とタイトルコールしたり、オープニングでゲストの服装をいじるなどして笑いを取ったり、普段とまるで同じだった。

   先週の「ニュースランキング」トップ10でも、BPOからの勧告を話題として取り上げず、エンディングまで出演者が言及することはなかった。結局、最後の最後で国山ハセンアナウンサーが経緯に触れ、

「真摯に受け止め、今後の番組作りに生かします」

と述べて、番組は終了した。

   この放送内容にツイッターなどネットは大荒れ。放送前から、ネットでは謝罪があるのかどうか注目されていたこともあり、視聴者の反応は厳しいものが目立った。

   放送を見ていた人からは

「他のニュースは取り扱って自分とこの番組がBPO勧告受けたニュースは無視ってずるいな」
「番組冒頭からハイテンションおちゃらけ進行でBPO勧告ぶっちぎり無視」

といった書き込みが相次いだ。国山アナのコメントに直接謝罪する言葉がなかっただけに「言い訳しまくり」「謝ってるようで謝ってなかったな」といった指摘もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中