三谷セキサン、くい打ち工事でデータ流用1件判明

印刷

   くい打ち業界大手の三谷セキサンは2015年11月26日、くい打ち工事約350件を調査した結果、電流計のデータ流用1件が判明したと発表した。

   流用した原因は、何らかの事情で現場代理人が測定後に紛失したためとみている。いずれのくいも支持層に達しているため安全性に問題はないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中