2018年 8月 17日 (金)

山手線、13年ぶりの新車両登場

印刷

   東京都内のJR山手線に13年ぶりとなる新型車両「E235系」が2015年11月30日に登場した。JR東日本は、当面は1編成のみの運行で、今後、51編成全てを235系に置き換える予定だ。

   新車両は車体強度を上げ、搭載したコンピューターの処理速度も約10倍に向上させた。ベビーカーや車いす用のフリースペースを設け、優先席も1両当たり3席増やして9席にした。通路ドアと窓の上に動画広告などを流す液晶画面を設け、廃止を検討していた雑誌などの中づり広告は残した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中