席譲ったら「ふざけるな」と激怒される 「モンスター老人」巡る投書が大反響

印刷

   中学生の少年が朝日新聞に寄せた、「困った高齢者」に関する投書が波紋を広げている。バスで席を譲ろうとしたら「ふざけるな」と怒鳴られてしまったという内容で、紙面に掲載された直後から大きな反響があった。

   同紙には、100通以上の投書があり、「『モンスター老人』敬うのは無理」と高齢者にウンザリする声もあった。

  • 10月29日の投書が大きな反響を呼んだ
    10月29日の投書が大きな反響を呼んだ

「私にとって高齢者は反面教師でしかありません」

   話題の投書は2015年10月29日、「席譲ったら『ふざけるな』とは...」のタイトルで朝日新聞朝刊に掲載された。

   少年は下校中のバスで、バッグを背負った60代ぐらいの男性に席を譲ろうとしたところ、「ふざけるな」と怒鳴られた。さらに

「本当は座りたいはずなのにヘコヘコ席をわたしてねえ。嫌々なことぐらい、これくらい年とったら分かるのっ!!」

といわれてしまった、という内容だった。

   掲載直後からツイッターをはじめネットでは大きな反響を呼んだ。

「優しい子の気持ちを踏みにじってこれで大人?」
「最近の高齢者っておかしいの多いよね、自分たち中心で世界が回ってると勘違いしてる」

と、男性を非難する声が多かった。

   12月2日の朝日新聞朝刊によると、投書には全国から111通の意見が寄せられた。多くは親切な少年を励ます内容だったという。

   その中には「『モンスター老人』敬うのは無理」とあきらめる見方もあった。ある30代主婦は、バイト中にチラシを配っていたらいきなり怒鳴られたり、犬の散歩中に犬を蹴られたりした経験があるそうで、

「私にとって高齢者は反面教師でしかありません」

と厳しく非難する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中