泉谷しげるがライブで投げたギターで傷 訴訟女性と和解

印刷

   歌手・泉谷しげるさんがコンサート中に観客席に投げたギターが当たって負傷したとして、新潟県長岡市の女性が泉谷さんを相手取り約300万円の損害賠償を求めた訴訟が、新潟地裁長岡支部で和解していた。2015年12月4日、複数のスポーツ紙などが報じた。和解は10月14日付け。泉谷さん側が女性に和解金を支払う内容で、金額は公表されていない。

   泉谷さんは14年6月22日に長岡市内で開かれたコンサートで、弦が切れたギターを観客席に投げた。ギターが当たって女性の額は出血し、傷跡も残った。

   泉谷さんの所属事務所は「今後は注意して舞台でのパフォーマンスに努める」と話したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中