misonoと華原朋美の「公開ガチ喧嘩」 原因は「おばちゃん」の一言だった

印刷

   タレントのmisonoさん(31)と歌手の華原朋美さん(41)がバラエティー番組上で繰り広げた「バトル」の真相が、misonoさんの口から明かされた。

   原因は、華原さんに対する「おばちゃん」という一言だったようだ。本人は、あくまで「褒めたつもりだった」と振り返るが...。

  • misonoさんは収録について「楽しかった」とコメント(写真:中井幹雄/アフロ)
    misonoさんは収録について「楽しかった」とコメント(写真:中井幹雄/アフロ)

「ガムくちゃくちゃ噛んでた」「ガムは食べない」...

   2人がケンカしたのは、2015年10月3日に放送された新番組「音ボケPOPS」(TOKYO MX)でのこと。この日は番組冒頭から、テレビ局ですれ違った際に無視したかどうかをめぐる口論が起きた。

   「この間、無視された」「ガムをクチャクチャ噛んでて」と主張する華原さんに対し、misonoさんは「いま音楽番組に出ていないから、会う機会がない」「ガムは食べない」と反論。「会ったもん」「ウチじゃなくないっすか?」「結構前だよ」...と噛み合わないやりとりが続いた。

   口論は一旦休止したが、別のエピソードで食い違いがあったり、華原さんが無視するような場面があったりと、第1回目の放送でありながら穏やかでない展開となった。

   一体なぜこんなことになったのか。12月6日放送の「旅ずきんちゃん」(TBS系)では、misonoさん本人がその真相を語った。

   misonoさんは番組スタート直後、司会を務める華原さんが大谷ノブ彦さんに絡みまくる様子を見て「え?こんなに、おばちゃん感強かったでしたっけ?」とツッコミを入れていた。すると華原さんは顔をゆがめ、「これヤバいね、ヤバいよこれ」とmisonoさんを指さし、「この間、他の局で会った時めっちゃ無視したよね?」と反撃に出たのだった。

   言わばこの「おばちゃん」発言がすべての元凶となったわけだが、misonoさんはそれを認めつつ、こう弁解した。

「朋ちゃんってめちゃくちゃ可愛いじゃないですか。今でも可愛いし、歌も上手いし。うちの中では、あの可愛い朋ちゃんのイメージだったんですよ。なのにオープニングトークがすっげーオバちゃんみたいに喋ってたからビックリしちゃって『そんなおばちゃんみたいでしたっけ?』って」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中