2018年 10月 21日 (日)

おたふくかぜが流行中 おとなは重病につながる恐れ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   おたふく面のように腫れあがることから「おたふくかぜ」と名付けられる「流行性耳下膜炎」が2015年12月、全国で感染を拡大中だ。国立感染症研究所がまとめた11月23日から29日までの週の患者報告によると、前週に比べて29都道府県で増えている。特に佐賀、石川、沖縄、福岡などが多く、九州と北陸地方で目立っている。

   流行性耳下膜炎は、ムンブウイルスの感染によって耳下が腫れる病気で、くしゃみなどで飛沫感染をする。潜伏期間は2~3週間、38度以上の高熱が出て、ものをかむ時にあごが痛む場合が多い。子どもがかかっても1週間ほど安静にしていれば治るケースがほとんどだが、大人がかかると、髄膜炎や脳炎、すい炎、睾丸炎、精巣炎、難聴などの合併症を引き起こすケースはあるので、要注意だ。初期症状が出たら、すぐに病院に行くことが大切だ。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...