2018年 12月 10日 (月)

おたふくかぜが流行中 おとなは重病につながる恐れ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   おたふく面のように腫れあがることから「おたふくかぜ」と名付けられる「流行性耳下膜炎」が2015年12月、全国で感染を拡大中だ。国立感染症研究所がまとめた11月23日から29日までの週の患者報告によると、前週に比べて29都道府県で増えている。特に佐賀、石川、沖縄、福岡などが多く、九州と北陸地方で目立っている。

   流行性耳下膜炎は、ムンブウイルスの感染によって耳下が腫れる病気で、くしゃみなどで飛沫感染をする。潜伏期間は2~3週間、38度以上の高熱が出て、ものをかむ時にあごが痛む場合が多い。子どもがかかっても1週間ほど安静にしていれば治るケースがほとんどだが、大人がかかると、髄膜炎や脳炎、すい炎、睾丸炎、精巣炎、難聴などの合併症を引き起こすケースはあるので、要注意だ。初期症状が出たら、すぐに病院に行くことが大切だ。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中