2020年 12月 1日 (火)

「STAP現象を米国研究者が再現」情報で大騒ぎ 専門家からは「小保方氏のものとは違う」との声

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   STAP現象について、アメリカの研究者らが存在することを突き止めたとの真偽不明の情報がネット上で流れ、一時騒然とした。この情報については、専門家からも発言が相次いでいる。

   研究者らの論文が載ったのは、英科学誌「ネイチャー」の出版社が運営するサイト「サイエンティフィック・リポーツ」だ。

  • STAP現象とは違うのか
    STAP現象とは違うのか
  • STAP現象とは違うのか

STAP細胞のあるなし巡って、ネット論議に

   タイトルは、「損傷誘導による筋肉由来の幹細胞様細胞の特性評価」で、米テキサス医科大学の研究者らが2015年11月27日に論文を投稿した。

   この論文の内容が12月10日になってブログで取り上げられ、まだ再現されたことのないSTAP現象の存在を研究者らが突き止めたと紹介された。つまり、元理化学研究所の小保方晴子氏らが提唱したSTAP細胞はあったというのだ。小保方氏らがSTAP論文を発表したのは「ネイチャー」だったこともあり、2ちゃんねるなどでもブログが話題になった。

   その後、まとめサイトが次々に取り上げるようになって、ネット上でちょっとした騒ぎに発展した。ネタとして書き込んでいる可能性はあるが、「実はSTAP細胞あると思ってた」「小保方さん、逆転サヨナラ満塁本塁打!」といった声が上がり、中には、過剰なバッシングの結果、アメリカに研究成果を横取りされたという嘆きさえ出た。

   ただ、STAP現象については理研でも再現できず、研究不正があったという結論になっている。世界各国の研究者が確かめようとしたものの、現象の再現に成功したという報道はない。このことから、ネット上では、「どうせデマだろう」「小保方に謝れと言ってる人はなんなんだ」と冷ややかにみる向きも多い。

   騒ぎになった米国研究者らの論文については、専門家らからも、ブログやツイッターで次々に発言が出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中